即日融資ができる金融機関

即日融資ができる金融機関」の中から、今最も人気の高いカードローン商品を3つご紹介しましょう。ここで取り上げるのは、消費者金融のプロミスとモビット、そして銀行カードローンのオリックス銀行カードローンです。
● プロミスについて
まずは、銀行系カードローンのプロミスについてご紹介しましょう。プロミスは、審査時間が最短30分と「スピードキャッシングに強い」金融機関です。プロミスは自店の契約機だけでなく、三井住友銀行内でもローン契約ができます。
三井住友銀行の店舗内にある、自動契約機械は銀行ローンとプロミスの両方に対応していますが、プロミスの契約で最もおすすめの方法は「インターネット申し込み」です。インターネット申し込みは、24時間好きな時間に、カードローンの申し込みができます。これなら店舗で待つ必要もなく、カードの受け取りのみ契約機を利用すればOKです。
実際に、プロミス利用者の多くは先にインターネットで申し込みを済ませ、その後、最寄りの店舗でカードと契約書の受け取りを行っています。プロミスを検討中の方は、ぜひこの方法で申し込みをしてみてください。これなら、最短スピードで便利な低金利キャッシングが始められます。
● モビットについて
続いて、モビットカードローンについてご紹介しましょう。モビットは、審査のスピードが最も速い「Web完結」で人気のカードローン会社です。モビットは、プロミスと同じSMBCコンシューマーファイナンス(三井住友銀行グループ)のカードローン会社です。
モビットの「Web完結」は、三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行に口座を持っていれば電話連絡なし、在籍確認なしでカードローンが作れます。ただ、Web完結は「在籍確認なし」ではありません。ここでの在籍確認は収入証明書の提出を持って行われています。
また、社会保険証がなければ、web完結のサービスは利用できません。このため、自営業者の方や社会保険証をお持ちでない方の(Web完結サービスの)利用は、不可となります。
モビットでは10秒で分かる簡易審査が利用できます。審査を受ける前に「可決できるかどうか?」一度チャレンジしてみてください。簡易審査の結果が良ければ、そのまま本審査に進めます。また、簡易審査の結果が良くなかったとしても、本審査に通る可能性は十分に残されています。まずはお試し感覚で、便利な簡易審査を利用してみましょう。
● オリックス銀行カードローン
オリックス銀行は最低金利3.0%の低金利と、最高800万円の大きな可決額で人気の銀行カードローンです。ここまで金利が低ければ、大きな金額をキャッシングしても負担は少なく済みます。
オリックス銀行のカードローンには一点だけ注意したいことがあります。それは、オリックス銀行の「審査スピード」に関してです。オリックス銀行の場合、カードローンの可決までに平均2?3日の時間が必要になります。また、土日や祝日をはさむと一週間前後の時間が掛かります。融資をお急ぎの方はこの点に注意をしてください。
オリックス銀行の融資条件は、年収200万円以上あれば、アルバイトやパートの方でもカードローンが利用できます。もちろん、派遣社員の方や自営業者の方も申し込み可能です。また、300万円までの借り入れは収入証明書の提出が不要です(※自営業者の方は提出する必要あり)。

Categories: お金

銀行カードローンの即日融資

キャッシングは簡単に申込ができてすぐにお金が借りられる「即日融資」というサービスがあります。
このサービスは消費者金融や一部の銀行カードローンで利用でき、低金利でお金を借りたい場合は銀行カードローンの即日融資を申込むことをおすすめします。
[銀行カードローンでも即日融資は可能」
即日融資とはその日に申込みをしてその日にお金が借りられるシステムで、契約をしていれば、申込をするとすぐに口座へお金が振り込まれるというサービスで、これからキャッシングの申込をする場合でも、即日融資でお金が借りられる利便性のあるサービスです
これまで銀行カードローンは審査が厳しく審査結果が出るまでに時間がかかり、即日融資が難しいといわれていました。
しかし最近は大手消費者金融やクレジット会社が保証会社になり、保証会社が審査をおこなうので、即日融資が可能な銀行も増えています。
たとえば、三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」や新生銀行グループの「レイク」は即日融資が可能な銀行カードローンとして人気があります。
「銀行カードローンの保証会社の役割」
銀行カードローンのサイトを見ると申込条件に「当行の指定する保証会社の保証が受けられるかた」と書いてあります。
これは銀行の審査以外に保証会社も審査をおこない、両方の審査にとおることで初めて融資が受けられるということです。
保証会社がカードローンの審査をするようになってから、銀行はカードローンの受付窓口の役目だけになり、利用者が遅延や延滞を起こすとすぐに保証会社が代位弁済で利用者の代わりに銀行へ返済がおこなわれます。
代位弁済で債権が保証会社へ移るので銀行は損害を受けることはなく、銀行が苦手としていた取り立ても、銀行に代わってすべて保証会社がすることになっています。
キャッシングは無担保でお金が借りられるのメリットといえますが、銀行カードローンは大手消費者金融やクレジット会社が保証するので、目的ローンと同様、保証会社の担保を取るという形になっています。
[銀行カードローンの即日融資]
銀行カードローンは保証会社と提携する以前は独自の審査をおこない、審査が慎重におこなわれるためにきびしくなり、そのため時間もかかり即日融資には不向きなキャッシングでした。。
しかし、最近は大手消費者金融と提携することで、消費者金融のノウハウやシステムを利用すればほんの数分で審査が終わわるようになっています。
銀行カードローンのメリットは低い金利でお金が借りられることですが、さらに即日融資でお金が借りられるということになれば、文句のないキャッシングが始められるおすすめのキャッシングと言えます。